免許制になったらドローンスクールはどうなる?

今回は2022年度に施行される予定の

『ドローン操縦の国家資格』についてお話したいと思います。

なお現時点で法律は成立していますが、実際の施行はそれぞれ異なる時期になるようです。また詳細については今後定めていくとされています。

2021年3月9日、政府は小型無人機(ドローン)の操縦ライセンス制度の新設を含む『航空法改正案』を閣議決定しました。

最新資料:令和3年3月無人航空機の有人地帯における目視外飛行(レベル4)の実現に向けた検証委員会中間とりまとめ

概要は以下の通り

①2種類の操縦ライセンス(国家資格)を作成

1.第三者上空を飛行するための条件の一部となる一等資格

2.第三者上空以外を飛行するための二等資格

②機体認証…機体の安全基準制定

1.第三者上空での飛行を想定した第一種機体認証

2.第三者上空を飛行することのない機体に与えられる第二種機体認証

③運航管理のルール

現行、許可・承認手続きの条件の一部である運航管理のルール(補助者の配置による飛行経路下の人の立入管理等)を法令で明確化するためですが、現段階で何がどう変わるのか詳細発表は不明です。

これら①②③は、主に現在は禁止されている「レベル4飛行」の実現を目的として新設されます。

★レベル4飛行とは…有人地帯上空での補助者なし目視外飛行のこと表します。

ですので、国家資格を取らなければ今後一切飛ばせなくなるというわけではなく、現行のルールで行われているように、飛行毎の許可申請を取れば飛ばせますし、現行の航空法で手続き不要であるエリアについては引き続き手続きは不要です。

※あくまでもこれは航空法上での話ですので、その他実際に飛行させる場所での要件を必ず確認するようにしてください!

じゃあ…今あるドローンスクールってどうなるの?今すぐ通う必要ある?

正直…現状では確かなことは言えません。

法改正後は、「国が登録する民間機関(登録講習機関)が学科及び実地に関する講習を行うことができることとする。」とされており、現在数多く存在する国土交通省に登録されている講習団体(=ドローンスクール)がどのような扱いになるのかは未定です。

ですが先に述べたように、これまで通り飛行毎に許可を取る際には現在行われている手続き方法に大きな変化はないと思われますので「今すぐ飛行技術と知識を身に着けたい」「航空法上での許可申請は不要な活用をする」という方は受講していただくことをおすすめします。

こんな風に、今ある情報だけですとなかなか判断に迷う時期ではありますが、

DJI認定ストア大阪Shinkuのドローンスクール説明会では、毎週最新の情報をお伝えしています。

当店では講習だけでなく、購入に際してのアドバイス、製品レクチャー、事業活用へのご相談なども承っておりますので、

これからドローンを使ってみようかなとお考えの方はぜひご参加ください。

★説明会当日にお伝えする、お得な参加特典もあります★

お申込みは以下より

説明会申込みへ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。